大和化成興業

daiwakaseikougyou

奈良の伝統産業である固形墨の主たる原料は油煙とニカワですが、その油煙を和歌山県南部川村で生産している、東洋炭素を親会社として1964年に大和化成興業が創業されました。
当初は伝統の手造り墨の機械化に着手、研究努力の結果簡素化に成功し大量生産可能となり、現在も主にセット用墨として重宝されています。
その後時代の要請で液体墨の生産に着手、大きな特徴として東洋炭素が生産している、原料油煙を利用し摺りおろした固形墨と同じ色合いの墨液を目指して一貫生産して、油煙がもつ独特の色合い「紫紺色」の書作品用各種墨液等、消費者の方々に満足して頂ける製品製造に日夜研鑚努力を続け乍ら現在に至っております。

代表商品

菜種油煙 白凰

作品用 玄遊

企業情報・アクセス

代表者 能阿弥 信一
住所 〒630-8422 奈良市横井6-580
TEL 0742-62-2790 FAX 0742-62-2753
URL E-Mail
備考

その他の組合企業案内