奈良製墨協同組合のご紹介

組合のあゆみ

奈良製墨組合の設立に至るまで

 現在の組合の起こりは明治13年5月に結成された『永香組』(えいこうぐみ)に始まります。明治5年に学制が発布されて習字が正課にとりあげられ、当時奈良の伝統産業の多くが斜陽の運命をたどる中、墨は順調に伸び、将来に向けて、製墨業の発展を図るために結成されました。奈良の製墨業者44軒が名を連ねています。
 明治16年10月、『永香組』をさらに組織強化をするために、31軒の製墨業者のもと、『奈良製墨業組合』が設立されました。
 大正2年6月、組合は改組されて『奈良製墨同業組合』となり、30軒の製墨業者が、年間1300万丁の墨の生産を行なっていました。
 昭和13年11月、奈良製墨同業組合は改組され、『奈良製墨工業組合』となって、44軒の製墨業者が参加致しました。しかし、戦争の進行と共に昭和16年には15軒に減り、その生産量も1000万丁を下まわるほど衰退致しました。
 戦争が終り、昭和22年3月、ようやく奈良の墨づくりも復活の兆しが見えはじめ、当時解散したに等しかった奈良製墨工業組合が、『奈良製墨工業協同組合』として復活致しました。
 当時は墨の原材料の調達もままならず、また書道が学校教育からも除外されており、製墨業そのものが瀕死の状態でありました。このため、昭和24年7月、新しく制定された、中小企業等協同組合法にのっとり、奈良製墨工業協同組合を一旦解散し、『奈良製墨協同組合』が29軒の参加をもって設立されました。
 62年にわたる活動を続けてきた『奈良製墨協同組合』ですが、発展的組織変更を行うため平成23年3月31日に一旦解散をし、同年4月1日、任意の組合として『奈良製墨組合』が11社の参加をもって設立され、現在10社にて活動を続けています。

奈良製墨組合 〒630-8141 奈良市南京終町7-576 株式会社呉竹 総務部内